2013年03月16日

大事なことなので二回言いました

3月11日に、久しぶりに日記を書こうとして挫けました柴崎ですこんばんは。
震災から二年という節目だし、と思ったのですけど、何書いてもろくなことにならなかった。
それなので久しぶりに笑い話を一つ。

本日3月16日はJR東日本のダイヤ改正です。
我が秋田県が待ちに待っておりました、秋田新幹線新型車両E6系が営業運転を開始いたしました。
このE6系ですが、そのデザインが発表された時から、うちの職場をはじめとした秋田県の多くの場所で「新型こまちちゃん」と呼ばれておりました。
(なぜそこで「ちゃんづけ」なのは突っ込まない)


秋田県民の多くが、E3系に引き続きE6系も「こまち」になると、信じて疑わなかった。


けれども今年の夏、ひょんなことからJR東日本の新幹線開発に関わった方からお話を聞く機会がありまして、その方から「E6の名称は『こまち』にはしない、と社長が記者会見で明言している」と聞かされました。
これにはぷち鉄満載のうちの職場一同で、何となく寂しい思いをしたものです。

えー、こまちでいいじゃない。
最初決まった時は、なんだそれ新幹線の名称かと思ったけど、もう馴染んじゃったし。
というか秋田の新幹線はもう、女の子でイメージ固まってるし(←おい)

あーだこーだ言いつつも、その後にみんな思うことは一つ。
じゃあ、E6系は一体なんて名前になるの?
今度こそ、なまはげか? それとも「はやぶさ」と同じ鳥なら「やまどり」か?(※やまどりは、秋田県鳥)
でも「やまどり」はうちの県的に、防災ヘリの名前だしなあ。

それから数ヶ月後、JR東日本より、秋田新幹線新型車両E6系の名称が発表になりました。



その名もスーパーこまち。


我が職場の一同が、転げ回って笑ったことは言うまでもありません。
そ、そりゃあ確かに「こまち」じゃないな、それは。
だけど秋田県民のおおよそが、そのオチは予想してなかったぞ。

まあでも、どうしてこうなったのかも判ります。
今日からE6系走り始めたわけですけど、全ての車輌を一度に更新できるわけじゃない。
全部がE6系になるのは、14年度の予定です。
それまでの間、新型と旧型が混ざるので、新型は絶対「こまち」を名乗れない。それをすると、ダイヤの表記が混乱します。
でも、あまりにも県民的に「こまち」が定着しちゃってるので、それも変えがたいし、何より混在期間は一年しかない。
だから、全部の車両が「スーパーこまち」になったら、スーパー外すつもりだろうなって。
みんな思いましたし、その予想は外れていませんでしたよ。
でも。

発表された当日に、楽しい我が職場で交わされた会話。

同僚「昨日の発表を聞いた、鉄の友人が言ってたんですけど」
柴崎「うん」
同僚「こまちって、出発後のアナウンス、日本語と英語でしますよね」
柴崎「するね」
同僚「あれで、Komachi super express bound for Akita って言うじゃないですか」
柴崎「言うね」


同僚「じゃあスーパーこまちはあのアナウンスで、スーパーこまちスーパーエキスプレスって言うのかって」


……。
……。
……。


スーパースーパーって、どこの海賊一味の鉄人かっ!



というわけで、これ以降うちの職場では、新型こまちちゃんは、スーパーこまちスーパーエキスプレスと呼ばれております。
大事なことなので二回言いました。

そして本日、一番列車ではありませんが、上司が早速乗りましたスーパーこまち。
そうして早速メールが来ました。


「やっぱりあのアナウンス、スーパーこまちスーパーエキスプレスだった!」


うん。
スーパーこまちスーパーエキスプレスのうちに、一回乗っておこうスーパーこまちスーパーエキスプレス。
posted by Sae Shibazaki at 23:15| Comment(0) | 日記