2019年05月31日

不具合のお知らせ

今日は業務連絡です。
サイト改装後、メールフォームに不具合が発生していたことに、今気づきました。
修正は完了しましたが、サイト改装後にメールを送ろうとした方がいらしたら、大変申し訳ありませんでした。
応急処置ではありますが、以前と同じく送信可能です。
ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたします。

もしこいつに何か言いたいことがありましたら、これに懲りずに送ってやってくださいませ。
そして拍手をくださった方、メッセージを「返信不要」でお寄せくださった皆様、ありがとうございました。
とんでもなく励みになってます。またよければお付き合いください。
posted by Sae Shibazaki at 08:48| Comment(0) | サイトについてのお知らせ

2019年05月26日

サイト改装終了

予告しておりました、サイトの改装を実行しました。
多分これで、スマートフォンとタブレットからは少しは見やすくなったと思います。
以前のサイトのままだよ? という方は、キャッシュが表示されていますので、再読み込みをお願いいたします。
注意を払って作業はしましたが、リンク切れなどありましたら、お手数ですがご連絡ください。

それにしても、今回HTML5のテンプレートをお借りしたのですが、やはりスタイルシートが判らねえ、というが正直な本音です。
来てくださる方がいて、その多くがPCではなくスマホで当サイトを見ておられるのが判っている以上、必須の作業とは思いましたけど。
やっぱり個人サイトは技術的に限界かな、という思いには駆られています。
もうちょっと楽に公開できる手段を考えたいです。

7年も留守にした奴が言うことではないのですが、今物を書くことができる状態まで心身が回復したなら、できるうちにできることはしたいと思います。
またいつ穴に落ち込むかは、自分でも判らないのですが、そこまではとりあえず全力で。
そして今回、身にしみたですよ。

やっぱり私は文章書かないと、本当に駄目な人なんだわ。
書いてみて初めて、やっと芯からそのことが身にしみた。
posted by Sae Shibazaki at 00:04| Comment(0) | サイトについてのお知らせ

2019年05月21日

サイト改装について

業務連絡です。
近日中に、サイトを改装いたします。
スマートフォンやタブレットでのページ崩れを回避するために、HTML5のテンプレートをお借りして、全ファイルを作り直しを敢行しています。
アドレスに変更はありませんが、全ページ相当見た目が変わりますので、よろしくお願いいたします。
そして今回の改装に伴い、Flash Paperでの印刷・ダウンロード版を削除いたします。
さすがにこのご時世でFlashはないよなあ、と自分でも思いますし。

しかしそれにしても、数年分のツケを一気に払っている感じです。
ともかくこれでようやく執筆に戻れます。
本編更新は、もうちょっとだけお時間ください。
posted by Sae Shibazaki at 00:06| Comment(0) | サイトについてのお知らせ

2019年05月10日

無茶は無茶でも楽しい無茶

いやあ、できてしまいましたね。
日を置かずこの部分を更新できてよかったです。もっとも前回記したように、今回の箇所はもう半分以上できていたので書けるとは思っていたんですが。
『彼方へと送る一筋の光』13回です。
ロスマリンちゃんに危機が迫っているわけですが、マリコーンに突入するためにはまだ準備があれこれ必要です。
今回はその第一段階。ロスマリンの危機は、ブレイリーの下へと届きました。
が。その過程は、結構皆様を驚かせることができたのではないかと自負しています。
冷静に考えれば、今回の話、無茶ですよね。そりゃブレイリーも水くらい噴き出しますよ。
しかし考えた私は、思いついた瞬間爆笑しました。

ああ、彼女らしいわ、と。
これしかないわ、と。
この部分、書けた時、絶対楽しいわと。

ですから7年ぶりにこの原稿に取りかかった時、真っ先に書いたのがこの部分だったんです。
悩んで悩んでどうにも書けなかった12回の箇所より、とにかく書けるところから書いた方がいい。
そう思って、先に13を書き始めて、これはいけると踏んだ段階で12に戻りました。
そうしたらできたんだから、突破というものがどうすればできるのかというのは、なかなか悩ましいところだなと。
私にとってもこの箇所は無茶でしたが、楽しい無茶だったなと思っています。

さて次回。出発前の準備はまだ終わっていません。
今回ブレイリーは長いぐだぐだにケリをつけましたが、実はもう一人、奴に含んでいることがある奴がいます。
次回更新、第14回。この箇所は、7年前のプロットには存在していませんでした。今回再度脳内プロットを改めていたら、そいつが突如とんでもない発言をかまして、私が真っ青になったという問題の単元です。
主要登場人物でありながら、一度も自分自身のことについて話さなかった男が、ついに口を開きます。
posted by Sae Shibazaki at 16:37| Comment(0) | 小説執筆

2019年05月07日

大変お待たせいたしました

今回は狼少年にならずにすんで、本当によかった。
『彼方へと送る一筋の光』第12回です。
本当に、本当にお待たせしてしまって申し訳ありませんでした。
今回の更新をご覧くださった方がもしいらしたら、感謝しかありません。

日付を見て、さすがにがっくりしました。
7年です。さすがにあんまりでした。
正直に申し上げます。
実を言うと、もう駄目だと思ってました。二度と文章を書けないかもしれないと思ってました。
それくらい、この数年の私、どうにもならない人でした。
それがどうしたことか。
それに至る経緯を書くと、あまりにも複雑怪奇なんで省きますが、一言でいうとボラプすげーというところに落ち着いてしまいます。
あのリハビリ、色々な意味で効果てきめんでした。

人生、本当、何が起こるか判らない。
何がきっかけになるか、本当に判らないものだとしみじみ思います。
これならば費やした金銭も全く惜しくなかった。
(えーとお前ボラプとクイーンにナンボ使った?)

今回の更新箇所、読んでくださった皆様にとって面白かったと思っていただけるものであれば幸いです、と言いたいところですが、内容があまりにも剣呑です。
長い間ほのめかす結果となったロスマリンちゃんの危機、いよいよ顕在化いたしました。
きっぱりはっきり、貞操の危機です。
というわけで、次回から救出作戦が始まります。
ええ、期待は裏切らんぞ、助けに行くのは当然ブレイリーだ。
しかしロスマリンの急をブレイリーはどのようにして知るのか。その報はいかにしてレーゲンスベルグにもたらされるのか。
次回、物語はかなり意外な展開をします。
次回更新は、多分そんなにお待たせすることはないと思います。
なぜなら、半分くらいもうできているからです。
今回の更新箇所より書くのが楽だったので、リハビリがてら先に書いていたんですよ。ですから完成の目処が立っています。
次回と、次々回くらいまでは、悩まずに進めると思います。
もしよろしければ、またお付き合いください。
posted by Sae Shibazaki at 20:35| Comment(2) | 小説執筆