2019年11月29日

第5回カクヨムWEB小説コンテストへのエントリーについて

Twitterの方もご覧の方はご存知ですが、現在カクヨム版『それでも朝日は昇る』は第5回カクヨムWeb小説コンテストにエントリーしております。

【第5回カクヨムWeb小説コンテスト】
https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomu_web_novel_005

概要を詳しく読むと判るのですが、この賞は読者の支持がなければ中間および最終選考の場に上がれません。
ですので、当作品を気に入ってくださる方に、応援していただければ幸いです。
カクヨムの方でも読んで、評価の★をつけて欲しいです。
なぜなら。

正賞が、書籍化だから。

この数年間、私にとって嬉しく同時にしんどかった言葉は「書籍化してないの?」でした。
その呟きをネット上で見るたび、正直落ち込んだ。

そんな話はないよ、と。
声もかかったこともないよ、と。

正直判ってはいるんです。そんなネット小説は、山ほどあるということも。
そして自分の書く作品が本流でも王道でもないということも。
実際、今のところカクヨムでも、本作品、まっっったく評価されていませんしね。

同時にこの話が書籍化の声がかからないのは、自分の努力が足りないということも、作家としてやっていくための気力体力胆力が決定的に足らないのだということも。
それも判っちゃいるんです。
でも、

何もしないで諦めるのも悲しかろう。
あの話を本の形でほしいと言ってくださる方がいるのに、私ができることをしないでいるのは失礼だろう。
ですので、今回エントリーをしました。

皆様のお力を、よろしければお貸しください。
望んだ結果を出せない可能性の方が、遥かに高い勝負ではありますが。
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by Sae Shibazaki at 22:58| Comment(3) | 小説執筆

2019年11月09日

ブレイリーさんのことは

実はブレイリーさん本人が一番判っていない、というのが今回の結論です

『彼方へと送る一筋の光』第19回です。
ロスマリン救出作戦は、今回をもちまして終了しました。

……17〜19回を全部一度にやろうとしていた私が馬鹿でしたね、はい。
いやあ、長かかった。
そして、やっぱり華々しい殺陣を私が書くのは実力的に無理だった! 勘弁してください!
でも当初予定していた(Twitter参照のこと)よりは、華々しくできたかと思います。
ちゃんとブレイリーの見せ場もできたし、セプタードの活躍も次番外編からこっちにもってこれたし、まあよしとしておこうと思っています。
お楽しみいただけたなら幸いです。

今回の追記では、先にTwitterでこぼしたことについてに補足。
今回の更新箇所で、読んだ皆様がもしかして引っかかったかもしれない、ブレイリーの内心について





続きへ
posted by Sae Shibazaki at 23:09| Comment(0) | 小説執筆