2008年06月09日

診療室のよくある光景

大変ご無沙汰しておりました。
そのご無沙汰の後の更新が不養生記だという辺りでご心配をおかけしてしまいそうですが、元気には元気です。
むしろ元気ではないのは身内で、祖父、父に続き、今度は義姉が入院寸前になっております。
それもコミで、ちょっと落ち着かない毎日を送っていたのですが、あまりにも続くので、自分も覚悟を決めて病院に行った次第です。
一年前、取りあえずの経過観察の診断が下されていた婦人科へ。



実のところ、この一年で状態は悪化の一途をたどっていました。
以前は排卵の時だけだったのに、最近は一ヶ月間ずっと出血が止まらない。
ただネットで検索してみると、よくある話のようなんですよね。
そして生理現象の激しい状態だから、治療もしようがないし。
そんな状態なんで一年放っておいたんですが、この2、3ヶ月があまりにもひどかったため、卵巣ではなく子宮の異常が疑われまして、今回の受診と相成ったわけです。

結果として、卵巣はひどい有り様でした。
原因は、ストレスによりホルモンバランスが著しく崩れたためだろうと。
ストレス……そうですね、ありましたね。
この日記書いていて判りました。家族の入院騒動だわ。
確かに悪化の時期と重なります。

結論として、ネットで検索した通り、治療もなく再び経過観察。
ただし今回は、大事になることがあり得るので、状態がおかしかったらすぐ連絡するように、というおまけつき。
一年前より間違いなく悪くなっていることが、先生の反応からありありと判りました。
(前回は「これで痛いですか?」という反応だったのに、今回は「これでよく痛くなかったですね」と言われた。先生……一年間ずっと痛かったです)
ただ、まだ検査結果は出ていませんが、心配していた子宮のポリープだの子宮ガンだのいうことはなさそうです。
というか、杞憂ではなく子宮ガンを疑わなければならない年齢になったことが、軽くショックなんですが。
それはそれとして。

一年ぶりに行きました某婦人科。
相変わらず物腰柔らかく異様に丁寧な、くま先生でした。

「長い時間お待たせしてしまって、申し訳ございませんでした」

いえいえ、ご丁寧にありがとうございます。
今日は待ち時間、全く苦になりませんでした。
だって私、この一時間の待ち時間で。


DSで、スパロボWやってましたので。


ここしばらくの不在の原因は…………実は、それでした。
すみません、もうしばらく留守にすると思います。
だって、ストレスでどうにも煮詰まってたんだもの!

だがしかし、病院の待ち時間に携帯ゲーム機は、本当に最適です。
本当に一時間、全然苦にならなかった。
病院の待ち時間に脳トレやるのがお年寄りにブームになった、というのが、心からよく判った。
posted by Sae Shibazaki at 21:16| Comment(0) | 不養生記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。