2008年11月12日

秋の収穫祭開催中

旅行記を書く、と宣言してからまたしばらくのご無沙汰で申し訳ございません。
柴崎です、元気です。
年に一度の繁忙期、仮称『地獄のロード』に突入しており、全身絶賛筋肉痛ですが、元気です。

変わったことといえば、そうですね。
秋です。秋の収穫の季節です。
いよいよ今年の『秋田紅あかり』入手しました。

今年の紅あかりも、実に素晴らしい歯ごたえと甘さでした。
うまい。やはりうまい。

相変わらず流通量の少ない高嶺の花ならぬ高値の林檎ですが、最近このブログにこれをキーワード検索していらっしゃる方が多いということは、徐々にメジャーになってきたということでしょうか。
そうでしょうとも。
あれ、好みは分かれるかもしれませんが、素晴らしくうまいですもん。
欲しいですよね?
通販したいですよね?


通販できるところがあるというなら、秋田県人の我々が知りたいわい。


箱買いどころか、袋売りすらしてないんだぞ、あれ。
(まあ、箱売りしたら林檎にあるまじき素晴らしい値段になりますが。1箱1万円越えるぞ)


「おいしいものをたんと作って、全て地元で喰い尽くす」が基本姿勢の秋田の店頭ですら手に入らないものを、どうやって通販できるというのか。

aboutにも書いていますが、秋田はほんっっとうに遊ぶところがありません。
最近は多くのアーティストさんが、秋田に来なくなってしまいました。
だけど、どの季節に来ても、それなりにうまいものを食わせられる自信がある。
今の季節なら、新米のきりたんぽが、香ばしく焼け始めてます。
十二月になれば、とろっとろの白子を蓄えたタラが上がります。
ハタハタは好みが分かれますが、一度は食べてみる価値のある面白い魚だと思うよ。
この文章で興味を持たれた方からいらしたら、ぜひ一度秋田にお越しくださいまし。
そして友人諸氏、今の季節なら、いつでも比内地鶏のガラで出汁とって、きりたんぽの準備しとくから、いつでもいらしてなー。



※旅行記はどうしたって? 前フリ書いてたら、脱線してしまいました。一応、鋭意製作中です、多分。
posted by Sae Shibazaki at 22:30| Comment(0) | おいしい話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。