2008年11月27日

醤油と味噌の深い溝

旅行記を書き終わるまではと、別のネタを書くことを控えておりましたが。
これでようやく、下らない話も書けるというわけで今日の日記は、ちょっと前のことです。

先日、Eさんとラーメンを食べに行きました。
ちょっとうちからは距離がありますけど、行列になっているという人気店です。
以前から行ってみたいと思っていた店でした。

色々悩みましたが、私は味噌チャーシュー味玉のせ。
E氏は塩チャーシュー味玉のせをそれぞれ頼み、やがて注文の品がやってきました。


どちらのラーメンも、とても澄んだ綺麗なスープのラーメンです。
……って?


こちらの色の薄い方は、塩チャーシューだよな。
でもこの茶系の澄んだスープのラーメンは、本当に味噌、か?


悩んでも仕方ありません。
一口スープを飲んでみました。
おいしい!
とても自分好みのスープです!


でもこれ、醤油だよね。


間もなくして、隣のテーブルから聞こえてきた声は
「あれ? 味噌?」
そうです。
私のところに運ばれてきたのは、隣のテーブルの醤油チャーシュー味玉のせ、だったのです。


ああああっ、口つけちゃった! と動揺しますが、向こうのテーブルの方が手をつけられていなかったので、味噌チャーシューはすぐこちらのテーブルに参りました。
隣のテーブルの醤油チャーシューは、申し訳ないことに作り直しとなりました。
では、改めていただきます味噌チャーシュー!


この味噌スープが、いまいち私の好みの方向でなかった時、私は一体どうしたらいいんでしょうかね…………?


すみません。
今下げられてしまった醤油チャーシューが恋しいです、と言うわけにもいかず。
それなりにおいしい味噌チャーシューをいただいて帰りましたが。
何と言うかその、間違えられたことよりもある意味ダメージがでかいです。


えーと、その、はい。
近いうちに醤油食べにいきます、それで納得するんだよね、自分。
posted by Sae Shibazaki at 22:10| Comment(0) | おいしい話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。