2009年08月04日

夏きたりなば秋遠からじ

こんばんは、柴崎です。
本当にご無沙汰しております。一応生きています。
相も変わらず、仕事と家内が落ち着きません。
いつになったら私はペースが掴めるんだろう、と忸怩たる思いでおります。
不在の間に、季節はいよいよ夏、というかようやく夏? というか。
東北地方は、まだ梅雨明けしておりません。
その多湿がとんでもない珍事件を巻き起こしてくれたのですが、それについてはまた後ほどにでも。
昨日今日で、ようやく梅雨明けか? という気候になってきたのですが、こちらはお盆をすぎると実質夏は終わりなので、まだ正式に夏も来てないのにあと二週間で終わるのかと思うと、何ともやり切れません。
……いや、本気で夏苦手なんですけど、早く秋来てほしいんですけど、秋がくればすぐ冬が来て、瞬く間に一年が終わってしまうことが、ちと辛いです。

さて、今日表に出てきたのは、ちょっとした告知があったためです。
本日が8/4、いよいよ夏祭が迫ってきました。
ええ、お台場の秘密基地で行なわれる夏祭です。
そちらで、私が以前発行しました同人誌を委託してもらうことになりました。
オリジナルではなく、aboutにちらっとだけ書いてある2次創作の方です。
どうして今頃? と疑問に思われる方は、経緯を当サイト内の「しかるべき場所」に記してありますので、そちらをご参照ください。
(「しかるべき場所」が判る方は、ここに詳細を書けない理由はお判りになると思うし、そこが判らない方は見ない方がいい本だと思います)
じゃあなんでここで触れたのか! と言われますと、ここで触れておかないと、そこを誰も見にいかないので、まあ苦肉の策ということで、どうぞご了解いただけるとありがたいです。

当人は当日、一般参加の予定もありません。
以前は創作文芸で出ていたのですが、まあ、苦い思い出となっています。
今参加して、昔よりよい装丁の本を作ったら、多少でも本は売れるでしょうかね。
その気がちっともしないのが、創作文芸の創作文芸たる所以だなと
心から思います。
そしてその前に、一冊の本にできる分量で小説を書く方が先だと、さらに心から思います。
posted by Sae Shibazaki at 23:43| Comment(1) | サイトについてのお知らせ
この記事へのコメント
柴崎さんだったら、売れると思いますよ^^;
ただ、私も住んでいる所がすんでいるところだから、お台場のお祭りにはいけません。
というか、あの人ごみが苦手・・・
酔うよ・・・・酔いそうになる・・・・なんとか、ならんもんかねぇと思いつつ、必ず酔う
Posted by へろ at 2009年08月06日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。