2009年12月17日

昨日までがどんな日々だったとしても(1)

10月の「ほぼ東日本一周の旅リターンズ」がまだなんですが、こっちが先にできちゃったので、先にupします。
ちなみにこの旅行記、実は数日前に完成していたんですけど、二カ月半も待たせた原稿より先に上げるのはさすがにアレですので、晴れて今日公開することにいたしました。


さて、東京ドームに行ってきました。
ドームシティじゃありません、ドームです。
G○ッソじゃないの? とご同志には言われそうですが(無論見たかったですが、素顔の戦士公演じゃチケット取れるわけがないと諦めた)ドームです。
11周年目の記念に催される記念ライブ。
11年前、一発屋だのアポログラフィティだのと言われつづけてきた時代からのファンとしては、とうとうドームかとそりゃあもう感慨深いものがあります。
(のわりには、昔のライブに行ってないという突っ込みが入りそうですが、だって仕方ない。秋田来なかったんだもの。昔はライブでまで遠征する余力なかったんだもの)
DVDも出さない! テレビカメラも入れない!(と最初言っていたけど、最終的に取材のカメラは入っていたよな)と言われれば、そりゃあもう万難排してでも参戦しなければ!
その結果、RさんTさんEさんとご一緒できることとなり、それはもう万歳三唱。
これだけの面子が集まれば、ライブだけですませられるはずがありません。
前回の「ほぼ東日本一周の旅リターンズ」と同じくらいの日程なのに、よくぞここまでつめつめにしたもんだ、という怒濤の旅行。
もし興味がおありの方は、ご覧ください。


秋田から東京に向かうには、色々な交通手段がありますし、色々な旅行パックがあります。
今回使ったのは、前回の横浜でも使った新幹線こまちとホテルがセットになった格安のプラン。
どうして安いかというと、往路か復路かどちらかで、指定の便に乗らないといけないからです。
往路は始発かその次。復路は最終。つまり乗車率が悪い便です。
私は朝早い便に乗るのは全然苦にならない人間なので、迷わず始発を選択。
6時2分発のこまち、余裕をもって5時45分駅に到着、したはずが。


……改札前のNew Daysのこの混雑っぷりは、一体何?


これが今思えば、この旅行を暗示していたのでした。
そして正直聞きたいです。
この土日、東京で何があったのでしょう?
……いや、勿論ポルノのライブがあったんですけど、それは突っ込むところではなくて。
土曜の始発のこまち、満席でした。
私、何度かこの始発のこまち乗っていますが、ここまで混雑していたの初めてです。
確かに私は土曜朝より日曜朝に新幹線乗っている気がします。だからこれが通常なのかもしれませんが、普段がらがらのに乗っているので、正直落ち着きません。

cupoftea.jpg
こいつは全力でリラックスしてますけどね。



新幹線は定刻通りに東京駅に到着。
ライブ会場の水道橋に移動……と思いきや、お前いきなりどこに行く!
丸ノ内線で新宿三丁目駅へ、目的地方向の出口を求めて右往左往。地上に出た瞬間、自分がどっちに進めばいいのか判らなくなるのが、田舎者の悲しい定めです。

どっちだ新宿バルト9!
そっちか! 開始7分前、よし間に合った!

そうです。私はライブの前に、映画を見にいったのでした。
しかも9時50分東京駅着で、10時30分開始の劇場版マクロスFを。

混雑が予想されるので、あらかじめネットで席は予約しておきました。
チケットカウンターは9階ですが、1階入口に発券機があります。
ここでチケット出しちゃえば、すぐ劇場に行ける、はずだったのに。


何度やってもエラーになる。


この時点で、開始5分前。
ここでぐだぐだしてたら間に合わない! もどかしくエレベーターを待ち、チケットカウンターに飛び込み、予約票を見せて。
チケットカウンターのお姉さん、気づく。


予約日、11/26。


死ぬる!
は、恥ずかしさで死ぬる!
顔から火が出るとは、このことだ。
ば、バルト9のお姉さん、その節には本当に大変ご迷惑をおかけいたしました……。

それで何とか間に合った劇場版マクロスFですが。
ここから先は、ネタバレ箇条書き感想です(反転注意。携帯の人はお気をつけを)



■エヴァの新劇の時も思ったのですが、TV版のラスト付近で明かされる謎が、伏線として早い段階から明示されるのは、やっぱり劇場版の定めというか習いなのかな。
今回シェリルが自分の出自を(完全でないにしろ)知っていること、ランカと自分が無縁ではないということを最初から知っているのは、面白いと思いました。
ただその上で、グレイスとのことをどうするのか、というのが後編のミソでしょうか。
■今回のアルトは、TV版ほど諸々無自覚ではない、と信じたい。正直私はTV版のアルトに関しては、時々後ろから蹴り入れたい。
全ては後編次第なんですけどね。
■「ユニバーサル・バニー」もいい曲だが、個人的にはやはり射手座のインパクトには敵わん。TV版使い回しのはずなのに、あっちの方が見てて寒気がはしったのはいかんともしがたいなー。
個人的には「オベリスク」が好みです。
■というか、この段階で「ライオン」も「妖精」使っちゃってどうするですか。後編では、新しくデュエット曲作るですか。
■というか、今この展開で、後編のどこでどうやって「星間飛行」やるですか。
ガリア4でやるとして、シェリルがあの星のことを知っている現状で、あの一連の展開どうするんだろう……。
■取りあえずミシェルはほっとした。ラストでまさか……と思ったのは、絶対私だけではないだろう。
■凄絶なまでに影の薄いルカが可哀想だ。
■クランの影の薄さには、男性諸氏が泣いてくれているので私はいいだろう。
■それにしても今回の宣伝文句「歌で銀河が救えるわけないじゃない」を、劇中でシェリルが言っただろうか……?





取りあえず全ての評価は、来年の後編次第という気がしますが。
秋に私は上映しているところに行けるだろうか?
地元に来てくれないものかと切に願うばかりです。
ようやく仙台でも始まると聞いたので、後編は仙台でかな。


さて、そんな観劇も無事にすんで12時半。RさんTさんと合流です。
今回は私の買い物の都合に合わせて、二人が新宿まで出てきてくれました。
ありがとうございます、頭が上がりません。
大急ぎで、待ち合わせ場所に向かいます。


待ち合わせ場所は新宿のユザワヤです。


先日後輩たちが「東京で待ち合わせなんて怖くてできない」と言っていたので、どうしてだと聞いたところ、「新宿駅や東京駅がわけわからないから」との回答。
当たり前だ。
新宿駅や東京駅なんて、歴戦の勇者向けダンジョンで待ち合わせする方が間違っとる。
じゃあ都心最大級の手芸用品店で、待ち合わせの売場さえ決めなかった私は間違っていないかというと、間違っていないんだな。
だって携帯で一回も連絡取らなくても会えたもの。
だから胸張って言える。
待ち合わせの成功確率は、人口密度に反比例する

そんなこんなでユザワヤで家族のお遣い物をもさもさ買い込めば、もう1時半。
取りあえずお昼を食べないとです。
がっつり食べないとです。
だって今日の開場は2時。開演が4時。
普通ドームでライブが開催される時、通常は6時開演。早くても5時です。
これをどう解釈すべきか、発表時からファン内で議論噴出。
通常のライブは、だいたい1時間半から2時間くらいです。
もし今回のライブが2時間だとしたら、6時には終わっちゃうわけで。
仮に3時間の長時間ライブだとしても、7時には終わっちゃうわけで。
翌日のために早く撤収しなければならないかというと、別に翌日予定も入っていないわけで。
1daysの限定ライブなので、セットを持って移動する場所があるのでもないわけで。


……なんで4時?


可能性は2つあります。
1つ目は、地方からの参加者が多いことを見越して、その日のうちに帰れる時間を設定した。
(事実7時で終われば、夜行バスはおろかこまちの最終ですら間に合ってしまう)
そしてもう一つは…………それを考えると、お昼ご飯をないがしろにはできないわけです。

新宿で食べるか、それとも水道橋に移動するか迷っていたところに、今回交通手段の都合で、別行動を取っていたEさんからメールが。
今どこにいるのかなー、と写メを開けて内心絶叫。

40gate.jpg

うわぁぁぁぁぁっっ!


もう会場! 一番合流遅くなるって言ってたのにぃ!
おそるおそる会場付近の混みようは? と聞くと、返答は「すわるところなどありませぬ」
あああああっ……あまりにも予想通りの展開。
それじゃ絶対、新宿でご飯食べていかなきゃ。
無論土曜日の新宿だって、空いているわけないですけど。

lunch091128.jpg取るも取りあえず、新宿のベーカリーカフェに空席を見つけてご飯。
ここで持ち帰りができるパン屋に入ったは、4時開演の真相的に大正解だったのですが、それは別の話として。
ばたばたとホテルにチェックインして、すっかりお待たせしてしまったEさんと合流して会場に向かうこととなったのです。

というわけで、これだけ書いても旅のメインイベントにまだ辿り着いていないぐたぐた日記。
次回はメイン、ライブレポートです。
posted by Sae Shibazaki at 21:36| Comment(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。