2006年03月09日

本当にこれでいいのか

ご無沙汰しておりました柴崎です。
体調の方は、まあ何とかというところです。
感想書くには、あまりにもテンションが下がっておりまして。
その原因は、治りかけのところで見た『ミュンヘン』

あれは堪えた…………。

一番堪えたのは、ミュンヘン事件の犯人が「我々の声が世界に届いた」という言葉。
11人もの人間を、あんな風に惨殺しなければ、誰にも聞き遂げられない「声」がある。
それだけの命を犠牲にしなければ、誰にも目を向けてもらえない「叫び」がある。
その虐殺を肯定することはあってはならない。
しかしその「叫び」は、その「声」は、打ち捨てられていいものでもなく。
けれどもその「声」を汲めば、他方に同様に虐げられ打ち捨てられる者が現れる。

その現実が堪えた。

語りかける言葉はなく。ある意味ではストーリーさえない。
ただ映像だけが、現実を突きつけてくる。
そしてただ一言だけ突きつけてくる。

「本当にこれでいいのか」と。

それに対する答を私はもたない。
いいわけがない。
でも、否とした時に、突きつけられた問題をどう解決するか、ということに対して、その答をもたないから。

だからひたすら、考えていくしかないのだと思う。
どうしたらいいのか、と。

今回この映画を見にいった最大の理由は、今書いているものが、どうしても「テロ」というものと不可分だからなのですが。
この現実をどう飲み下し、どう私が描くは、あとは私の器量と技量だなと思う。

やっぱり人が死ぬということは、重い。
posted by Sae Shibazaki at 00:00| Comment(0) | 映画感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。