2007年04月25日

史上最大の作戦(3)

婦人科に引き続き、整形外科にも駆け込んだ柴崎ですこんにちは。
たった3日でこれですから、本当にしゃれになりません。
今回行った整形外科はとてもとても有名なところで、噂以上に凄いところだったのですが、この話はまた改めて。
今回はありがたくもリクエストがありましたので、この間までの話の続きです。
いやいや、あの続きを待っていてくださっている方がいたとは。

さて、配線を全部ばらしたところで、Aさんがいなくなってしまったところまでは前回お話ししました。
しかも呼び出された場所は、職場の本部です。ここに行くと、通常一、二時間は軽く帰ってこれません。

真剣にどうするよ。

背に腹は換えられませんので、配線を考えます。

軸線が一本ある→軸線が接続できる機械が一つ→その機械には、LANケーブル用の口が一つ→ということは、これはケーブルモデムか!

ケーブルモデムにLANケーブルを伸ばす→無線LAN用ルータを見る→口が四つと少し離れたところに一つ→普通一つのがINで、4つのがOUTだろう→一つのところにモデムからのケーブルを挿す

あとはもう、ルータのOUTとおぼしき穴にケーブル挿して、ハブで分配すればOK?

IEを立ち上げると、ちゃんとサイトが表示されますぞ。
やった。
やりましたぞ。やればできるじゃないですか。
人間成長するものです。

これが15年前、初めての独り暮らしの時、ファミコンの配線ができなくて電話で兄に泣きついた人とは思えません。

取るものもとりあえず、Windows updateです。
今回のブツはWindows2000なんですが、現在はSP4。
インストールされているのはSP2なので、大規模なアップデートになるのは判っていた。
一発で更新できないことも知っていた。
繋いだ途端、SPが違うといわれることも予想済だ。

でもさ。
「解決のためにはここをクリックしてください」というリンクに飛んだら、そこがアメリカ・マイクロソフトだっていうのは、どういうことかなあ。



日本人だから、読めませーーん!(ペンギンのピタとゴラ風味に)



と叫んでも、テレビのジョンはやってきてはくれないので、自力で何とかするしかありません。
日本のMSサイトに戻り、しばし画面を熟読。
ありましたよSP2用アップデートサイトへのリンク。
そこからSP4にアップデートできるではないですか。
ありましたよ、画面の下のところに、実にひっそり。


ちょっとだけ、MSの中の人に憎悪を抱きましたよ。
ええ、ちょっとだけですけど。ちょっとだけ。


アップデートをかければ、その部分に修正パッチがあらたに現れるのは、一度でもリカバリを経験された方なら、ご存知かと思います。
この日も5回くらいでようやく終わりましたか。
ここまで紆余曲折がありましたが、あとはもうソフトをインストールしていくだけです。
一番重たいAdobe Readerさえダウンロードしてしまえば、あとは簡単。

だと、思ってたんですよね、この時は。

この時点で、すでに日は暮れていました。
でも夕食の時間くらいまでには、帰れると思っていたんですよ。
だがこの後、さらにろくでもない展開が待ち構えていたのでした。
posted by Sae Shibazaki at 17:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。