2012年12月31日

年末のご挨拶

2012年の終わりに際し、恒例のご挨拶に参りました。
本年度も、当サイトを沢山の方にご愛顧いただけたことを、心より御礼申し上げます。
現実として放置状態になっておりますこちらに、沢山の拍手をくださいましたこと、感想のコメントをくださいましたことは、本当にありがたい限りです。
その全てをちゃんとつぶさに見ておりますし、コメントも舐めるように拝見しております。

こちらのサイトが先に進まないことは、以前からお詫び申し上げるように、私が別のことに完全に浮気をしておりますからです。
大病をしたとか、仕事が忙しすぎてどうにもならないとか、いよいよ精神的にヤバイとかそういうわけではないです。
(いや今年は実際体壊しましたけど…………診察代と薬代が、馬鹿にならない金額だよ確定申告しようかなあ)
小説自体はかなりのペースで書いております。
来年も今年と同じように、あっととこっちを、ぼちぼちのタイミングで行ったり来たりすることになると思います。
今年抱えていた大きな仕事が、もう少しで終了するので、少し息がつけるかな。
ゆるゆると進んでいきますので、皆様もゆるゆるとお付き合いいただければ、幸いです。

2011年があって、そこを踏み越えた先に、今年である2012年があったわけですけど。
2013年という年を、私はどのように進んでいかなければならないのかな、ということは、どうしても考えます。
秋田にいる以上、もう常に隣県たちのことをありとあらゆる意味で考えずにはいられないのだし。
それはこの場にぐだぐだ記すことではないのですが。
やはり思います。


どうぞ来年が、すべての土地に住む人たちにとって、よい一年でありますよう。
少しでも災害が少なく、少しでも事故が少なく、この世の理不尽ができうる限り少ない一年でありますよう。


どうぞ皆様、来年もよろしくお願いいたします。











……ちなみに秋田は今年も、雪害まっただ中です。

posted by Sae Shibazaki at 16:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。